カリンガ戦士の末裔・Paika Akara

 

パイカとはOrissa州のブヴァネシュワール、クールダ、プーリーを中心にいにしえのカリンガ王朝の版図で発達した武術。かつてはケララ州のカラリパヤットに匹敵するような総合武術だったと想像されるが、現在は残念ながら武術というよりもトライバル・ダンスに近い。

だが、アショカ王の侵略に対して徹底的な殲滅戦で対抗し、また近代にはKhorda Fortに象徴される様に、イギリスの侵略に最後まで抵抗した歴史を持ち、その潜在的な戦闘力と気迫は侮りがたい。政府などの公的な援助によって、文化遺産として保護され、末永く継承されるよう祈るばかりだ。

dab_red

Home  © 20062016 Sangam Institute of Indian Martial Arts. All rights reserved.  Next