これまで作成したいくつかの「呉市民の花・椿」を使った作品をアルバムにしました。

今後もいろいろ思いついたら作っていきたいと思います。

                                                                    :Take

 

 

ツバキの椅子

 

 

枯れたツバキの枝を使って椅子を作りました。

90cmx90cmx90cm程度の大きさです。

 

 

グリーンヒル郷原のハーベスガーデンの前へツバキの椅子を置きました。

 

    

ツバキの木札

 

 

 

ツバキの枝を5〜6mmの厚さに切って2000#のサンドペーパーで研磨しました。

ペンダントにも使えます。いくつかの作品をプレゼントしました。

 

 

ツバキの行燈

 

 

 

ツバキの枝を乾燥させてやぐら状に組んで骨組みを作り、

表に和紙をはりました。大きさは45x45cmx70〜90cm高です。

 

 

ツバキの押し葉で作ったブローチ

  

呉市主催のツバキまつりで子供たちにシールを貼って作ってもらいました。

 

 

ツバキの塔

 

 

 

2010年の呉市役所1階ロビーで開催されたツバキ展で

数百個のツバキの折り紙を来場された市民の皆さんに

白い塔に貼っていただきました。

折り紙にはいろいろなメセージも書いていただきました。

底辺は45cmx45cm、高さ1.8m

(写真はツバキ展を手伝っていただいた皆さんです)

 

 

椿のフェイクを作りました。

 

 

     

 

  木の丸棒を芯にして、色画用紙で花弁やオシベを作りました。

 

一輪挿しもできます。