2018年9月8日(土)の開催ノート

 

        

           

     朝から秋雨前線の南下に伴って、小雨が降り続いていました。

 

     ガーデンではダイコンの植え付け(種撒き)の予定でしたが、雨が少しきつくなったので、

     ひろしまね園芸福祉協会代表の小田原さんが一人で耕作した畑の土よせと種撒きをやってくださいました。

 

     作業中長袖のシャツの上からも刺されて、顔や手、腕多くのとおころを刺されて膨れていました。

     蚊にとっては”食い放題”状態だったそうです。

 

     お疲れ様でした。感謝!! 感謝!! 感謝!です。

       

     

     7月は豪雨災害でお休みで、8月は定例の夏休みだったので、今日は3ヶ月ぶりの皆さんとの再会となりました。

     9月と言えば、この植物講座の好評プログラムの”ブルーベリージャム作り”です。

 

     7月、8月とひろしまね園芸福祉協会の進藤事務局長が早朝に1日おきに来て収穫して水洗、冷凍保存していた5Kg強の

     ブルーベリーが材料となりました。

 

     ジャム作りの講師は緑の風景の三浦さんで、手順を説明してくださいました。砂糖も今日は特別な砂糖で沖縄産の

     サトウキビで作った砂糖を使いました。

 

     出来立てのジャムはパンに少量つけて味わっていただきました。

     

     また、ガーデンで収穫して野呂山学園に保存していたジャガイモも小田原さんが持ってきてくれて、それを湯がいて

     坊垣内さんが作ってくれたバジルソースをつけていただきました。

 

     うっとしい雨も吹っ飛ぶような美味しさでした。ジャムもジャガイモも、バジルソースも全部、超美味でした!!!

 

 

     

      

      小田原さんが種を蒔いてくれたダイコン畑とバジル畑(一度バジルを収穫しましたが、また、新葉がいっぱいできています。)

 

 

       ブルーベリーのジャム作りはグルイーンヒル郷原のバーベキューハウスで行いました。

 

      

    

 

 

:TNSD

 

                        

1