2015年も花活で園芸福祉活動が始まりました!!

 1月15日(木)に広島市南区の社会福祉法人ナーガ福祉会ナーガ保育園(http://www.h-shihokyo.jp/hoikuen.php?F_USER_ID=41)にて、

2015年第1回目の花活講習会を開催させていただきました

 これまでの花活は高齢者さんや障がいを持たれている方々を対象に開催してきましたが、広島花きイノベーション事業推進協議会の

ご協力をいただいて、保育園の年長さんクラスを対象に開催することができましたので、以下その概要を紹介させていただきます。

 今回は日程の都合上、2つのクラスを同時に進行する形で計画し、準備をしました。2クラスで合計70名近くにもなるので、

前日の14日には会場に担当の園芸福祉士や協議会の花満さん(http://hanaman.co.jp/archives/category/news)や、

フラワープロ(http://hanaconcierge.com/)の方々とナーガ保育園を訪問して、イレカエールのセットを組み立てたり、

花材の入荷と整理などを園児たちの明るい元気な声を聴きながら行ないました。お蔭様で、2時間ほどの作業であらかたの準備は整いました。

 当日の15日は朝から雨が降っていましたが、園芸福祉士達(5名)は10時の講習会開始時刻に間に合うように早めに会場に入り気持ちと

物品の準備を粛々と整えていきました。今回は、福岡を中心に園芸福祉活動を積極的に展開されている”園芸福祉ふくおかネット”

(http://engeifukusi-fukuoka.jimdo.com/)の主要メンバー4名の方々がナーガさんのお許しを得て見学されることになり、新幹線で花活スタッフと

ほぼ同時刻に会場に来られ、準備のお手伝いもしていただいてとても助かりました。

 

    

ストローの長さに合わせて花を切ります

みんなと一緒に楽しなぁ~

 

一生懸命にお花をアレンジしています。

 

教室の中の様子

 園児たちは花活講師の説明を一生懸命聞いて、素直に理解してくれてどんどん作業が進んで行きました。 

今回の「お花遊び」も園児たちにとっては初めての経験でしたが、本当に一生懸命に作品を創ってくれました。

  

園児たちの作品

イレカエール専用シール

園芸福祉士手作りのクマさんのピック

 

 

  作品が出来上がった時には、園芸福祉士が園児たちにイレカーエルを好きになって欲しいので、クマさんのピックをプレゼントして、園児たちは大喜びでした。    

 園児たちの素晴しい作品がクマさんノピックをさしたり、イレカエールのシールを枠に貼ったりして完成しました。

  最後に今日の「お花遊び」の感想を聞きました。園児たちは元気よく手をあげて応えてくれました。

 「お花を見ながらお絵かきをしたい」とか、「頭に飾りたい」「プレゼントしたい」とか、「ずっと一緒にいたい」などの優しい気持ちも表してくれました。

  今回花活として初めて園児を対象にやらせていただきましたが、園児のワクワク、ドキドキの気持ちや素晴らしい感性が直に伝わってきて、私たちが感動させていただきました。

 今回の経験を生かして今後も花活や花育にも係っていきたいと思いました。

 ありがとうございました。

:TNSD記