呉ポートピアパークで広島土砂災害の義援金募集活動をしました。
JR呉線のポートピアパーク駅の真ん前に南欧のリゾート地を思わせる建物が目にはいります。
そこが今回の募集会場です。
 ここで呉しょう支連の施設の方々と一緒にテントを二張り建てて屋台形式で募金の場を作りました。
 ひろしまね園芸福祉協会はいつものように”椿油のポップコーン”を実演販売してその売上金を全て募金として中国新聞に寄贈しました。
 今年は久しぶりの晴天に恵まれて、人出も多く、特に、夏休み最後の一日を思いっきりお日様の下で楽しんでいました。
水浴びしたり、ローラースケートやボードで滑ったり、舞台で踊ったりして子供たちは 大はしゃぎで、ポップコーンの弾ける様子を見て、
また1つ子ども達の思い出の1つが増えたような気がしました。
  お蔭様で4060円もの貴重なお金が集まりました。この活動には初級園芸福祉士の西田さん姉妹と仲間の瀬戸口さんが
一緒に参加してくださって子供達と交流した感動を分かち合いました。
改めて、募金してくださった皆様に心より感謝申し上げます。
: TNSD