浮世絵 柳亭種彦
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 柳亭種彦

 柳亭種彦(りゅうていたねひこ)は天明3年(1783)本所で200俵取りの旗本の長男として生まれる。本名高屋彦四郎。病弱であったこともあり少年期から“文武”のうちの”文”に励み、漢籍に通じ、歌舞伎、浄瑠璃も好んだ。国学に師でもあった石川雅望(宿屋飯盛)から狂歌の手ほどきを受ける。文化3年(1806)に読本「阿波の鳴門」、洒落本「山嵐」を刊行。このころから烏亭焉馬、山東兄弟、北斎、国貞と交流するようになる。
 文化12年(1815)に初編を刊行した「正本製」(しょうほんじたて)は歌舞伎の人気演目の翻訳を芝居の脚本(正本)風に綴ったシリーズで評判を得る。文政12年(1829)には大ベストセラーとなる「偐紫田舎源氏」の初編を出版。これは今でいうキャラクター商品が出回るほどの人気で38編まで続く。しかし天保13年(1842)に水野忠邦による天保の改革の禁令に触れたとして絶版の処分を受ける。種彦はこの処分のショックもあり同年に亡くなった。
 柳亭種彦のペンネームは、”柳の風成”のちに”心の種俊”と改名した狂歌名に由来。柳の風と名乗ったのは、自身は結構短気な性格であったようで、これを戒めるために、風に吹かれる柳のような穏やかな心を持つことを自身に言い聞かせるためであったという。
 

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 絵本 総角物語

 作:柳亭種彦
 絵:優遊斎桃川・葛飾北斎 
 出版年 文化5年〜文化6年(1808〜1809)  版元 越前屋長右衛門 

 絵本 曽我太夫染

 作:柳亭種彦
 絵:歌川国貞
 出版年 文化14年(1817)  版元 

 絵本 床飾錦の額無垢

 作:柳亭種彦・柳菊(共著)
 絵:歌川美丸 
 出版年 文政4年(1821)  版元 西村屋与八 

 絵本 浮世形六枚屏風 

 作:柳亭種彦  
 絵:歌川豊国
 「歌川豊国」のページに掲載
 出版年 文政4年(1821)  版元 西村屋与八 

 絵本 還魂紙料

 作:柳亭種彦
 絵:
 出版年 文政9年(1826)  版元 西村屋与八 
 物語本ではなく、雑学事典あるいは知恵蔵といった形式の本。過去に出版された本から題材・資料を得ている。

 絵本 袖笠雪白妙

 作:柳亭種彦
 絵:歌川国丸
 出版年 文政11年(1828)  版元 

 絵本 偽紫田舎源氏 

 作:柳亭種彦
 絵:歌川国貞
 「偽紫田舎源氏」のページに掲載
 出版年 文政12年(1829)〜  版元 鶴屋善右衛門 

 絵本 奇妙頂礼地蔵道行

 作:柳亭種彦
 絵:歌川国貞
 出版年 天保3年(1832)  版元 西村屋与八 

 絵本 御誂染遠山鹿子

 作:柳亭種彦  
 絵:歌川国貞  
 「歌川国貞」のページに掲載
 出版年 天保4年(1833)  版元 山本平吉 

 絵本 いろは茶番

 作:柳亭種彦
 絵:歌川貞秀 
 出版年 不詳  版元 山田屋 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.