浮世絵 式亭三馬
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 式亭三馬

 式亭三馬(しきていさんば)は安政5年(1776)浅草田原町の家主で版木師・菊池茂兵衛の長男として生まれる。本名は菊池泰輔。天明4年(1784)8歳の時から寛政4年(1792)16歳の時まで本石町の地本問屋に住み込みで働き、寛政6年(1794)18歳の時に黄表紙「天道浮世出星操」を出版する。寛政9年(1797)に本屋の婿養子となり本屋と執筆活動を兼ね、その間に黄表紙を出版するもヒット作はなかった。寛政11年(1799)に出版した「侠太平記向鉢巻」で火消人足の闘争を題材したことで、火消”よ組”の反感を買い、三馬と版元(西宮新六)の居宅が破壊されて裁判沙汰になり三馬は手鎖50日の処分を受ける。ただし、これが却って三馬の名を世間に知らしめたことにもなった。文化3年(1806)に妻の死亡により婿入り先を去り、古本屋を自ら開いて執筆活動に力を入れる。
 文化6年(1809)、それまで敵討ちものが主流であった出版界にまったく新しい着想で出した「浮世風呂」が大評判となる。浮世風呂は結局4編まで続き、更に姉妹編ともいえる「浮世床」を執筆する。また文化7年(1810)に古本屋をやめて”仙方延壽丹”の売薬の店を本町に出店する。売薬は自らの著作でも宣伝し、相乗効果もあって経済的には結構裕福であったようだ。しかし大酒飲みでかつ病弱であったことから文政5年(1822)に46歳で亡くなった。
 式亭三馬は”眼光鋭く、一癖ありそうな苦味走った面構え”と当時から評されていたように友人の数もそれほど多くはなかったようだ。自ら開催した書画会には山東兄弟の他は門弟が集まった程度であったという。特に曲亭馬琴とは犬猿の仲であったようだ。また挿絵の遅延で豊国と喧嘩となった話もある。執筆活動は日頃は怠けているが、書き始めれば非常に早く、三日三晩で5,6巻を書きあげたという。もっとも、他人の作を参考にしたり模倣したた著作もかなりあったらしい。
 

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 絵本 俳優楽室通 

 作:式亭三馬
 絵:歌川豊国
 「歌川豊国」のページに掲載
 出版年 寛政11年(1799)  版元 上総屋忠助 

 絵本 俳優三階興 

 作:式亭三馬
 絵:歌川豊国
 「歌川豊国」のページに掲載
 出版年 寛政13年(1801)  版元 西宮新六 

 絵本 日本一癡鑑 

 作:式亭三馬
 絵:歌川豊国
 出版年 享和1年(1801)   版元 和泉屋市兵衛

 絵本 雷太郎強悪物語 

 作:式亭三馬
 絵:歌川豊国
 「歌川豊国」のページに掲載
 出版年 文化3年(1806)  版元 西宮新六 

 絵本 御堂詣未刻太鼓 

 作:式亭三馬
 絵:歌川豊広
 「歌川豊広」のページに掲載
 出版年 文化5年(1808)  版元 西宮新六   

 絵本 復讐両股塚

 作:式亭三馬
 絵:勝川春亭  
 出版年 文化5年(1808)  版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 玉藻前竜宮物語

 作:式亭三馬
 絵:歌川国貞  
 出版年 文化5年(1808)  版元 

 絵本 打諢譚(道外物語) 

 作:式亭三馬
 絵:歌川豊国
 出版年 文化6年(1809)  版元 山城屋藤右衛門 

 絵本 紫廼糸筋

 作:式亭三馬
 絵:歌川美丸  
 出版年      版元 森屋治兵衛 

 絵本 昔唄花街始  

 作:式亭三馬
 絵:歌川国貞
 出版年 文化7年(1810)  版元 鶴屋金助 

 絵本 一盃綺言  

 作:式亭三馬
 絵:歌川豊国
 出版年 文化10年(1813)  版元 石渡利助 

 画帖 落話会刷画帖   当時開催された落語会の刷りものを式亭三馬が自身の資料として集めたも  ので出版物ではない。三馬の細かな注釈が書き加えられている 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.