浮世絵 山東京山
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 山東京山 

 山東京山(さんとうきょうざん)は明和6年(1769)深川の質屋の次男として生まれる。本名岩瀬百樹。兄は山東京伝。寛政3年(1791)に親類の縁で篠山藩に仕える武家の家の養子となる。しかし8年後に勤めを辞め、江戸京橋に居を移して執筆活動に入る。おそらく兄の京伝に刺激されてのことだと推測する。
 文化4年(1807)に処女作となる合本「復讐妹背山物語」を刊行。演劇に題材をとった物語や婦女子向けの平易で温雅な教訓を含めた作品が多い。安政5年(1858)90歳で亡くなるまで執筆活動を続けた。
 

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 絵本 天報正宗熊腹帯 

 作:山東京山
 絵:歌川豊広
 出版年 文化4年(1807)  版元 蔦屋重三郎 

 絵本 千本桜祇園守

 作:山東京山
 絵:歌川豊広  
 出版年 文化6年(1809)  版元丸甚 

 絵本 煙草二抄 

 作:山東京山
 絵:歌川豊国
 出版年 文化7年(1810)  版元 平川舘忠右衛門 
 喫煙の勧め。愛煙家必見の書。

 絵本 花角力白藤源太

 作:山東京山
 絵:歌川国貞  
 出版年 文化8年(1811)  版元 

 絵本 絵図自慢歌妓容気 

 作:山東京山
 絵:歌川国貞
 「歌川国貞」のページに掲載
 出版年 文政12年(1829)  版元 森屋治兵衛 

 絵本 菊寿童霞盃

 作:山東京山
 絵:歌川国貞  
 出版年 天保1年(1830)〜嘉永1年(1848) 版元 山本平吉
 全7編
 歌川国貞は弘化1年(1844)三代目豊国を襲名 

 絵本 春の文かしくの草紙

 作:山東京山
 絵:三代歌川豊国・二代歌川国貞  
 出版年 嘉永1年(1848)〜嘉永6年(1853) 版元 山本平吉
 前10編
 最終編の10編のみ嘉永5年(1852)に2代目国貞を襲名した三代目国政が絵を描いた。  

 絵本 養生手引草  

 作:山東京山
 絵:歌川広重 
 出版年 安永5年(1858)  版元  京山90歳の時の作。長寿者が長寿の秘訣を書けば説得力がある。 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.