浮世絵 曲亭馬琴
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 曲亭馬琴 

 曲亭馬琴(きょくていばきん)は明和4年(1767)千石取りの旗本・松平鍋五郎の用人滝沢運兵衛の子として生まれる。滝沢家の祖先は最上義光の家臣であったという。9歳の時に父親が亡くなり、10歳の時に家督を継ぎ、主君の孫に小姓として仕えるが、癇癪持ちの孫との生活に耐え切れず14歳の時に松平家を出て、先に他家に養子に出ていた長兄の家の居候となる。元服して左七郎興邦と名乗り、長兄と共に俳諧を学び、天明7年(1787)21歳のときには俳文集を編集するまでになった。しかし武家奉公は尊大な性格であった為か、一所に定まらず渡り奉公で転々としていたようだ。
 寛政2年(1790)24歳の時に山東京伝に弟子入りを願い出たが断られる。ただし出入りは許されて、寛政3年(1791)に”京伝門人大栄山人”の名前で黄表紙を出している。 因みに、この年京伝は執筆した洒落本が風俗を乱すとして手鎖50日の刑に処せられている。また馬琴はこの年の秋の洪水で深川にあった家を失い京伝の食客となり、京伝の執筆の手助けをすることになる。生活安定のためが最大の目的で、寛政5年(1793)に履物屋を営む伊勢屋の未亡人の婿となるが、商売には身を入れず文筆業に打ちこむ。ペンネームの曲亭馬琴は”くるわでまこと”をもじったもので、廓でまじめに遊んで女に尽す野暮な男といった意味だとされるが、本人は中国の古典から取った名前だと主張していたという。なお、現在は滝沢馬琴と本名を付けて呼ばれることがあるが、刊行された本に滝沢と記したものは見当たらない。
 文化4年(1807)に初編を出版した「椿説弓張月」によって、いわゆる読本作家として名声を築き、文化11年(1814)からはライフワークにもなった「南総里見八犬伝」を刊行する。天保4年(1833)に右眼に異常が起こり、天保10年(1839)には両眼とも失明する。自らの執筆が不可能となったので、早世した子供の宗伯(医師)の妻・お路に口述して創作活動を続けた。天保12年(1841)に八犬伝の執筆が完了し、なおも「傾城水滸伝」などの執筆を続けるが、この完成をみないまま嘉永元年(1848)に没する。享年82歳。

 
馬琴は自身が江戸の戯作者と同列に扱われることを嫌ったという。「洒落本」を誨淫導欲(かいいんどうよく)の書と決めつけ、「滑稽本」を”浮世物真似めきたるゑせ物語”と軽蔑していた。勧善懲罰、儒教的精神に凝り固まっていた人物のようだ。

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。  

 絵本 荒山水天狗鼻祖

 作:曲亭馬琴
 絵: 
 出版年 寛政5年(1793)  版元 西村屋与八 

 絵本 鼠子婚礼塵却記

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊国 
 出版年 寛政5年(1793)  版元 

 絵本 しょぼしょぼ雨見越松毬    
 作:曲亭馬琴
 絵:
 出版年 寛政8年(1796)  版元 鶴屋喜右衛門 

 絵本 御慰忠臣蔵之攷

 作:曲亭馬琴
 絵: 
 出版年 寛政10年(1798)  版元 

 絵本 視薬霞報條

 作:曲亭馬琴
 絵: 
 出版年 寛政12年(1800)  版元 鶴屋喜右衛門 

 絵本 曲亭一風京伝張

 作:曲亭馬琴
 絵: 
 出版年 寛政13年(1801)  版元 蔦屋重三郎 

 絵本 小説比翼文

 作:曲亭馬琴
 絵:葛飾北斎 
 出版年 享和4年(1804)  版元 鶴屋喜右衛門 

 絵本 敵討弐人長兵衛   

 作:曲亭馬琴
 絵:
 出版年 文化1年(1804)  版元 蔦屋重三郎  

 絵本 奉打札所誓   

 作:曲亭馬琴
 絵:月麿
 出版年 文化2年(1805)  版元 不詳  

 絵本 敵討鼎壮夫

 作:曲亭馬琴
 絵:醉放逸人 
 出版年 文化3年(1806)  版元 鶴屋喜右衛門 

 絵本 武者修行木斎伝

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊広 
 「歌川豊広」のページに掲載
 出版年 文化3年(1806)  版元 仙鶴堂
 前編3冊 後編3冊

 絵本 盆石皿山記

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊広 
 「歌川豊広」のページに掲載
 出版年 文化3年(1806)〜文化4年  版元 住吉屋政五郎
 前編2巻 後編2巻 

 絵本 鼓がたき 

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊広   
 「歌川豊広」のページに掲載
 出版年 文化4年(1807)  版元 鶴屋喜右衛門  

 絵本 椿説弓張月

 作:曲亭馬琴
 絵:葛飾北斎   
 「椿説弓張月」のページに掲載
 出版年 文化4年(1807)〜  版元 平林堂  

 絵本 敵討白鳥関

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊広  
 出版年 文化5年(1808)  版元 

 絵本 敵討枕石夜話

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊広 
 出版年 文化5年(1808)  版元 上総屋忠助 

 絵本 南総里見八犬伝

 作:曲亭馬琴
 絵:柳川重信・重山 渓斎英泉    
 「南総里見八犬伝」のページに掲載
 出版年 文化11年(1814)〜  版元  

 絵本 六三之文車

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊国 
 出版年 文政4年(1821)  版元 甘泉堂 

 絵本 風俗金魚伝 上編

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川国安 
 出版年 文政12年(1829)  版元 森屋治兵衛 

 絵本 風俗金魚伝 下編

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川国安・歌川国直 
 出版年 天保9年(1838)  版元 大黒屋平吉 

 絵本 新編金瓶梅

 作:曲亭馬琴
 絵:歌川豊安・国貞   
 「新編金瓶梅」のページに掲載
 出版年 天保2年(1831)〜  版元  

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.