浮世絵 十返舎一九
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 十返舎一九

 十返舎一九(じっぺんしゃいっく)は明和2年(1765)駿河府中(現在の静岡市)で町奉行所の同心の子として生まれる。本名は重田貞一(しげたさだかつ)。幼名は市九。 江戸に出て大名家に奉公したが暫くして浪人。大阪に赴き、天明3年(1783)駿河町奉行より大坂町奉行に転身した小田切土佐守に仕えたとされる。一九は大坂で7年余を過ごしたとされるが、武家奉公は短期間であったようだ。浪人して義太夫語りの家に居候して浄瑠璃作者となる。この頃は近松与七と名乗る。またこの時期に”香道”を学んだことが、後のペンネームとなる「十返舎」の謂れとなる。10度焚いても香を失わないという名香「黄熱香(十返しの香ともいう)」から名付けたという。一九は幼名の市九から。(当初は”十遍舎”または”十偏舎”と称した)
 大阪在住時代に材木商(えびすや)の入り婿となるが、”不埒をして”離縁。大阪を離れざるを得なくなる。本人は「入り婿した相手の娘が50歳なので逃げ出した」と自身が刊行した草紙に書いているがこれは言い訳だろう。。大坂から江戸に戻り、寛政6年(1794)に蔦屋重三郎の食客になる。本問屋の下働きをしながら浮世絵を学び、寛政7年(1795)に挿絵も自らが描いた黄表紙「心学時計草」を出版する。一九は大坂でも絵を学んでおり、このころは江戸風の浮世絵を試みているが自ら”狂画”と称する耳鳥斎(大阪の浮世絵師で個性的な鳥羽絵を描くことで評判の絵師)の画風の影響が残る。
 寛政8年(1796)に長谷川町の後家の家に入り婿となるが、享和元年(1801)頃には吉原に深入りして放蕩を尽くし”不埒”のために離縁される。これをきっかけに南房総、箱根へ旅行(逃避行?)したことがその後の一九の戯作者としての転機となる。享和2年(1802)に「浮世道中(東海道中)膝栗毛」が出版されたが、これが予想外の好評を得る。一九は日本で最初に文筆のみで生活できた作家といわれるのはこの成功によるところが大きい。もっとも文筆のみで生活できたとはいえ、一九は年に50冊を超える草紙を作り、自ら挿絵や版下を描くことも多いといった努力があってのことでもある。文化7年(1810)に眼を患い、文政5年(1822)頃には中風に悩まされる生活となり、この頃の作品は名前を貸しただけといったものもみられる。晩年は恵まれた経済状態ではなかったようだ。
 天保2年(1831)没する。享年67歳。辞世の句「此の世をば どりやお暇と線香の 煙と共に はい(灰)左様なら」 

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。

 絵本 奇妙頂禮胎錫杖

 作・絵:十返舎一九
  
 出版年 寛政7年(1795)  版元 蔦屋重三郎 

 絵本 信有奇怪会 

 作・絵:十返舎一九
  
 出版年 寛政8年(1796)  版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 賛銭通用寿護録

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政8年(1796)  版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 初登山手習方帖

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政8年(1796)  版元 榎本屋吉兵衛 

 絵本 青海波竜宮

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政8年(1796)  版元 

 絵本 早野勘平若気誤

 作・絵:十返舎一九 
 出版年 寛政8年(1796)  版元 

 絵本 花袋伝

 作・絵:十返舎一九
   
 出版年 寛政9年(1797)  版元 三河屋小兵衛
 一九の描いた挿絵に鳥羽絵の影響が強く残っている。  

 絵本 諺東埔塞掌

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政9年(1797)  版元 榎本吉兵衛 

 絵本 河童尻子玉

 作・絵:十返舎一九 
 出版年 寛政10年(1798)  版元 

 絵本 雨宮風宮出儘略録記

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政10年(1798)  版元 

 絵本 義光夜功珠

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政10年(1798) 

 絵本 雲上道中記

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政10年(1798)  版元 西村屋与八 

 絵本 十廻松   

 作・絵:十返舎一九
 出版年 寛政11年(1799)  版元 村田屋次郎兵衛
 狂歌絵本。式亭三馬の狂歌も掲載している。 

 絵本 釣戎水揚帳

 作・絵:十返舎一九 
 出版年 寛政11年(1799)  版元 村田屋次郎兵衛 

 絵本 腹内養生主論

 作・絵:十返舎一九 
 出版年 寛政11年(1799)  版元 西村屋与八 

 絵本 化物尽

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政11年(1799)  版元 岩戸屋 

 絵本 星月夜鎌倉山(後編)

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政11年(1799)  版元 

 絵本 運次第出雲縁組

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政12年(1800)  版元 

 絵本 大江山幾野紀行

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政12年(1800)  版元 

 絵本 男達東錦絵

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 寛政12年(1800)  版元 

 絵本 金実身体直

 作・絵:十返舎一九 
 出版年 享和1年(1801)  版元 

 絵本 的中地本問屋   

 作・絵:十返舎一九
 出版年 享和2年(1802)  版元 村田屋次郎兵衛
 自作の絵草紙が出来上がるまでの解説書。当時の出版事情の一端が見られる。 

 絵本 美男狸金箔   

 作・絵:十返舎一九
 出版年 享和2年(1802)  版元 岩戸屋喜三郎   

 絵本 東海道中膝栗毛

 作・絵:十返舎一九   
 「東海道中膝栗毛」のページに掲載
 十返舎一九の代表作。初編の出版年は享和2年(1802)。ただし掲載本は文化11年(1814)以降の再版です。 

 画帖 東海道中膝栗毛

 絵:十返舎一九
 
 「東海道膝栗毛」のページに掲載
 出版は文化12年(1815)頃と推測。また一般に販売されたものでなく一九が道中膝栗毛の完成を祝って知人に配布したものとも推測されている。各宿場ごとに一枚の絵を描いていますが江尻、興津の二宿が欠落している。

 絵本 車川仇討実記

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 享和2年(1802)  版元 西村屋与八 

 絵本 増益三荘太夫

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 享和2年(1802)  版元 

 絵本 軽口噺    

 作:十返舎一九
 絵:(歌川)貞之
 出版年 享和3年(1803)  版元 和泉屋市兵衛
 赤本は赤い表紙の絵草紙のことだが、この草紙は表紙でなく本文と挿絵が全て赤色で摺られている。挿絵の画家の素性は分からない。   

 絵本 行抜路次

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 享和3年(1803)  版元  

 絵本 播州舞子浜 

 作:十返舎一九
 絵:歌川豊広
 「歌川豊広」のページに掲載
 出版年 享和4年(1804)  版元 山田屋三四郎 

 絵本 青楼年中行事 上

 作:十返舎一九
 絵:喜多川歌麿 
 「喜多川歌麿」のページに掲載
 出版年 享和4年(1804)  版元 上総屋忠助 

 絵本 青楼年中行事 下 

 作:十返舎一九
 絵:喜多川歌麿
 「喜多川歌麿」のページに掲載
 出版年 享和4年(1804)  版元 上総屋忠助  

 絵本 跡着衣裳

 作:十返舎一九
 絵:喜多川喜久麿(月麿) 
 出版年 文化1年(1804)  版元 

 絵本 風薫婦仇討

 作:十返舎一九
 絵:永○ 
 出版年 文化1年(1804)  版元 

 絵本 猿番場柏餅

 作:十返舎一九
 絵: 
 出版年 文化1年(1804)  版元 
 この頃流行りの楚満人らの敵討ち仇討ものを批判(?)とはいえ一九自身も敵討ち仇討ものを出版している。

 絵本 化物敵討

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化1年(1804)  版元 英邑堂 

 絵本 人唯樽の底抜

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年  版元 

 絵本 復讐阿部花街

 作:十返舎一九
 絵: 
 出版年 文化2年(1805)  版元 

 絵本 敵討妙見記

 作:十返舎一九
 絵:歌川豊国 
 出版年 文化2年(1805)  版元 

 絵本 金生木息子

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化2年(1805)  版元 

 絵本 今年青物語

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化2年(1805)  版元 西村屋与八 

 絵本 操染心雛形

 作:十返舎一九
 絵:喜多川月麿 
 出版年 文化2年(1805)  版元 丸屋文右衛門 

 絵本 敵討此方の世界

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化3年(1806)  版元 

 絵本 復讐矢指浦

 作:十返舎一九
 絵:歌川豊国 
 出版年 文化3年(1806)  版元 栄邑堂 

 絵本 法誓輪廻仇討

 作:十返舎一九
 絵:歌川豊広 
 出版年 文化3年(1806)  版元 

 絵本 諏訪湖狐怪談

 作:十返舎一九
 絵:   
 出版年 文化4年(1807)  版元 村田屋次郎兵衛 

 絵本 文字の知画   

 作・絵:十返舎一九
 出版年 文化4年(1807)  版元 不詳 

 絵本 翁丸物語

 作:十返舎一九
 絵:蹄斎北馬 
 出版年 文化4年(1807)  版元 上総屋忠助 

 絵本 敵討仲間入

 作・絵: 十返舎一九
 
 出版年 文化4年(1807)  版元 

 絵本 其身益金持親玉

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化4年(1807)  版元 絵見屋吉右衛門 

 絵本 商人金の采配

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化5年(1808)  版元 

 絵本 北畠女教訓

 作:十返舎一九
 絵: 
 出版年 文化5年(1808)  版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 玄徳武勇伝

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化5年(1808)  版元 

 絵本 漉返浅草法

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化5年(1808)  版元 

 絵本 花雲都讐討(前編)

 作:十返舎一九
 絵:勝川春亭 
 出版年 文化5年(1808)  版元 

 絵本 仙術独稽古   

 作:十返舎一九
 絵:歌川国直
 出版年   版元  

 絵本 見通しうらない  

 作・絵:十返舎一九
 出版年   版元 山口屋藤兵衛  

 絵本 座頭宮由来

 作:十返舎一九
 絵:歌川豊広 
 出版年 文化6年(1809)  版元 西村屋与八 

 絵本 串戯狂言一夜附

 作:十返舎一九
 絵:喜多川月麿 
 出版年 文化6年(1809)  版元 岩戸屋藤兵衛 

 絵本 英岳仇討噺

 作:十返舎一九
 絵:歌川国貞 
 出版年 文化6年(1809)  版元 

 絵本 面皮千枚張

 作:十返舎一九
 絵:喜多川月麿 
 出版年  版元 

 絵本 男作三箇羅太鼓

 作:十返舎一九
 絵:歌川国満 
 出版年 文化7年(1810)  版元 西村屋与八 

 絵本 女忠臣仮名文章

 作・絵:十返舎一九
 
 出版年 文化7年(1810)  版元 西村屋与八 

 絵本 江戸名所画本

 作・絵:十返舎一九
  
 出版年 文化10年(1813)  版元 
 寛政11年(1799)出版の狂歌絵本「十廻松」の再増補版  

 絵本 手造酒法  

 作・絵:十返舎一九  
 出版年 文化10年(1813)  版元 小川与右衛門
 果実酒、薬用酒等の合成酒のレシピ集  

 絵本 洪福水揚帳

 作:十返舎一九
 絵:喜多川月麿 
 出版年 文化10年(1813)  版元 山口屋藤兵衛 

 絵本 落咄屠蘇機嫌

 作:十返舎一九
 絵:歌川国丸 
 文化14年(1817)  版元 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.