浮世絵 朋誠堂喜三二
 浮世絵 トップページへ   酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 朋誠堂喜三二 

 享保20年(1735)江戸で生まれる。旗本佐藤三四郎に仕える西村平六久義の三男。14歳の時、父の姪が嫁いだ秋田藩士平沢常房の養子となり平沢常富を名乗る。天明元年の時に120石取りとなり、藩の留守居役として敏腕をふるう傍ら”手柄岡持(てがらおかもち)”の名前で狂歌を詠み、また”朋誠堂喜三二(ほうせいどうきさんじ)”として黄表紙も手掛ける。黄表紙は30部を超え、そのいくつかに恋川春町が挿絵を描いている。代表作として「親敵討腹鼓」「桃太郎後日噺」「鼻峰高慢男」「鐘入七人化粧」「長生見度記」「文武二道万石通」がある。残念ながら代表作は国立国会図書館のデジタル化資料に原本がなく、掲載していません。天明8年(1788)に執筆した「文武二道万石通」が松平定信の寛政の改革を風刺しているとして、藩主佐竹義和より叱責を受け、この書を最後に黄表紙から身を引いた。平沢常富(朋誠堂喜三二)はこの後も藩の重要な地位にあり、文化10年(1813)に77歳で没する。喜三二と友人であった春町は喜三二の”文武二道万石通”に唱和するように(おうむ返しするように)”鸚鵡返文武二道”を出版したが、こちらの方は寛政元年(1789)に幕府の呼び出しを受けることになり、その年の7月春町は死去。 友人同士であったが対照的な最期を遂げている。

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 絵本 当世風俗通 

 作:朋誠堂喜三二
 絵:恋川春町
 出版年 安永2年(1773)  版元
 本文では作者は金錦佐恵流(きんきんさえる)となっているが、これは喜三二の別名。絵師の名前は記載されていないが画風から恋川春町とされる。本の内容は当時の青年男子のファッション雑誌。 

 絵本 竜都四国の噂

 作:朋誠堂喜三二
 絵: 
 出版年 安永9年(1780)  版元 

 絵本 染直鳶色曽我

 作:朋誠堂喜三二
 絵:恋川春町 
 出版年 天明2年(1782)  版元 鱗形屋   

 絵本 鮹入道佃沖

 作:朋誠堂喜三二
 絵:歌麿 
 出版年 天明5年(1785)  版元 蔦屋重三郎 

 絵本 亀山人家妖

 作:朋誠堂喜三二
 絵: 
 出版年 天明7年(1787)  版元 蔦屋重三郎 

  ページトップへ 



Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.