浮世絵 歌川広重
 浮世絵 トップページへ 酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 歌川広重 

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。  

 浮世絵 魚尽し    出版年 天保3年(1832)
 版  元 永寿堂 

 浮世絵 東海道五十三次     出版年 天保年間(1830〜1844)  版  元 喜鶴堂
 保永堂版を出版する前に描いた東海道風景。スケッチのような絵だが、当時の旅行者の様子がよく分る。 

 浮世絵 東海道五十三次   出版年 天保4年(1833)〜天保6年(1835)  版  元 保永堂  
 東海道を描いた浮世絵はほかにもありますが、これが広重の代表作。少々画質は悪いですが雰囲気は十分に伝わります。

 浮世絵 五十三次図会     出版年 嘉永年間(1848〜1844) 版  元
 縦型の用紙に描いた東海道の風景。 

 浮世絵 源氏五十四帖   出版年 嘉永5年(1852)
 源氏54帖のうち「桐壺」「帚木」「空蝉」「夕顔」「若紫」の5枚を掲載 

 浮世絵 六十余州名所図1   出版年 嘉永6年(1853)
 版  元 越村屋
 全70枚のうち前半35枚を掲載。  

 浮世絵 六十余州名所図2   出版年 嘉永6年(1853)
 版  元 越村屋
 全70枚のうち後半35枚を掲載。  

 浮世絵 五十三次名所図会   出版年 安政2年(1855) 版  元
 縦型の用紙に描いた東海道の風景 

 浮世絵 江戸名所百景1   出版年 安政3年(1856)
 版  元 魚屋栄吉
 全120枚のうち前半60枚を掲載。  

 浮世絵 江戸名所百景2   出版年 安政3年(1856)
 版  元 魚屋栄吉
 全120枚のうち後半60枚を掲載。  

 浮世絵 富士三十六景   出版年 安政6年(1859)
 富士を描いた浮世絵では北斎の富獄36景が最も有名ですが、これも構図に独自性があり、縦長の用紙に風景画を描くことにこだわった広重の傑作です。広重の死の1年後に出版された。  

 浮世絵 花鳥錦絵   出版年
 版  元  
 柱絵30枚を掲載。

 絵本 音曲情糸道   絵 歌川広重  作 東里山人 出版年 文政3年(1820)
 版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 養生手引草   「山東京山」のページに掲載
 絵 歌川広重  作 山東京山  出版年 安永5年(1858) 

                                                                                    ページトップへ

Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.