浮世絵 溪斎英泉
 浮世絵 トップページへ 酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 溪斎英泉 

 芸術家と称される人の生き様は洋の東西を問わず、また昔も今も時代の移り変わりに関係なく、一般人とは異なった波乱万丈の人生を送ることが習わしであり必須の条件であるようだ。溪斎英泉は浮世絵師であり、戯作者であり、そして時に娼家を経営するなど当時の浮世絵界にあっても特異の存在であったと思われる。英泉が描く退廃的な美人画は、その時代の世相を反映したものではあったに違いないが、それを描き出す想像力や力量は多分にその生き様からくるものであったと推測される。一方で風景画にも素晴らしい作品を残しており、また一方で(このサイトに掲載はないが)春画の大家として名を残している。それぞれ異なった趣向の作品を手掛けるときに、それに向かう時の精神状態がいかようであったのか、凡人にはとても推測できない。
 英泉は寛永2年(1790)に下級武士の子として江戸に生まれる。当初は松本姓であったが後に池田姓に変わる。6歳で母を亡くし、12歳で狩野派の絵師に絵を学ぶ。15歳のとき元服して安房北条藩の水野家江戸屋敷に仕官。17歳の時に仕官先で喧嘩沙汰を起こして浪人。知人の伝手で市村座の狂言作者であった篠田金治の作者見習いとして出入りする。この時、千代田才市と名乗る。20歳のとき父と継母を亡くし、三人の妹を養う必要から浮世絵師菊川英山の門人となり、浮世絵を描く。
 絵を描くと同時に数多くの好色本を執筆。22歳の時に”千代田淫乱”の名前で最初の好色本「絵本三世相」を出す。文化13年(1816)26歳の時に挿絵も自分で描いた自画作本「桜曇春朧夜(はなぐもりはるのおぼろよ)」を出版している。
 英泉の描く美人画は下唇が厚く、妖艶で屈折した思いがこもった表情の女性像に特徴があり、退廃的な美意識が当時の世相に受け入れられて人気を博した。同時に英泉の生活には酒と女が切り離せない放蕩無頼なものであったようだ。文政12年(1829)大火による類焼で家を失った後、根津の花街で”若竹屋理助”と名乗って娼家を始めている。しかし娼家稼業もトラブルを起こして長くは続かず日本橋へ移り住んだようだ。嘉永元年(1848)58歳で亡くなる。

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。  

 浮世絵 江戸名所     出版年  版元 

 浮世絵 江戸八景   出版年  版元 

 浮世絵 南都八景   「名所街道年中行事」のページに掲載
 出版年  版元 池仲上金
 南都八景のうち5図を掲載 

 浮世絵 木曽街道六十九次   「名所街道年中行事」のページに掲載
 出版年 天保6年(1835)〜天保13年(1842) 版元保永堂・錦樹堂
 木曽街道(中仙道)69宿を描く。ただし、草津追分、大津の2宿は欠落。広重との合作で、このうち溪斎英泉が24枚を描く。 

 浮世絵 藍摺絵   出版年  版元
 濃淡の藍色だけで描いた浮世絵(錦絵)。英泉が始めた画法とされる。実際には伝統的な藍ではなく当時大量に輸入されたプルシアンブルー(ペルシャ藍)を使用して摺られた。

 浮世絵 十二か月の内   出版年  版元 

 浮世絵 浮世姿吉原大全   出版年  版元 

 浮世絵 仇競今様姿   出版年  版元 

 浮世絵 当世好物八契   出版年  版元 

 浮世絵 見立吉原五十三次   出版年  版元 蔦屋吉蔵 



 絵本 桜曇春朧夜

 絵・作:溪斎英泉 
 出版年 文化13年(1816)  版元 丸屋文右衛門 
 溪斎英泉の自画作本

 絵本 北里花雪白無垢

 絵:溪斎英泉
 作:山東京山 
 「吉原」のページに掲載
 出版年 文政5年(1822)  版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 菊廼井草紙

 絵:溪斎英泉
 作:為永春水 
 「為永春水」のページに掲載
 出版年 文政7年(1824)  版元 中村屋幸蔵 他 

 絵本 女帯糸織八丈

 絵:溪斎英泉
 作:東西庵南北 
 出版年 文政7年(1824)  版元 和泉屋市兵衛 

 絵本 牛嶋土産

 絵:溪斎英泉
 作:滝亭鯉丈 
 出版年 文政7年(1824)  版元 越前屋長次郎 他
 越前屋長次郎は為永春水と同一人物。この冊子の挿絵は鳥羽絵風のタッチで描かれている。ただし後世の読者の落書きが多い。 

 絵本 釣狐花の俤

 絵:溪斎英泉
 作:東里山人 
 出版年 文政7年(1824)  版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 其俤錦絵姿

 絵:溪斎英泉
 作:東里山人 
 出版年 文政8年(1825)  版元 岩戸屋喜三郎 

 絵本 月娥眉尾花振袖

 絵:溪斎英泉
 作:山東京山 
 出版年 文政8年(1825)  版元 森屋治兵衛 

 絵本 犬著聞傾城亀鑑

 絵:溪斎英泉
 作:墨川亭雪丸 
 出版年 文政10年(1827)  版元 佐野屋喜兵衛 

 絵本 通人料理かしくの献立

 絵:溪斎英泉
 作:東西庵南北 
 出版年 文政10年(1827)  版元 和泉屋市兵衛 

 絵本 繋馬七勇婦伝

 絵:溪斎英泉
 作:楚満人2世(為永春水) 
 出版年 文政10年(1827)  版元 西村屋与八  

 絵本 色三味線仇合奏

 絵:溪斎英泉
 作:瀬川路考 
 出版年 文政11年(1828)  版元 若狭屋与市  

 絵本 錦之嚢 

 絵:溪斎英泉
 出版年 文政11年(1828)  版元 河内屋茂兵衛 
 デザインブック。画家を志す人向けの絵手本

 絵本 大島台婚礼盃

 絵:溪斎英泉
 作:墨川亭雪麿 
 出版年 文政13年(1830)  版元 蔦屋吉蔵 

 絵本 一対若衆梅桜樹

 絵:溪斎英泉
 作:美図垣笑顔 
 出版年 天保12年(1841)  版元 和泉屋市兵衛 

 絵本 其昔忍戻摺

 絵:溪斎英泉
 作:松亭金水 
 出版年 天保15年(1844)  版元 

 絵本 紋切形 

 絵:溪斎英泉
 出版年 弘化5年(1848)  版元 本屋又助
 衣紋、家紋が中心のデザインブック 

 絵本 釣華生梅廼三日月

 絵:溪斎英泉
 作:墨川亭雪麿
 出版年 嘉永2年(1849)  版元 佐野屋喜兵衛 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.