浮世絵 歌川豊重
 浮世絵 トップページへ 酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 歌川豊重(2代豊国) 

 歌川豊重(うたがわとよしげ)は享和2年(1802)に生まれ天保6年(1835)に34歳で亡くなったとされるが異説もある。初代の歌川豊国の門人で、当初は国重(くにしげ)と名乗ったが、のちに豊重を名乗る。初代豊国の養子となって、文政8年(1825)豊国の死去によって2代目豊国を襲名する。
 豊重が豊国の養子になった経緯や豊国を襲名した経緯については江戸時代から様々な伝承がある。 現在では国重と豊重は同一人物であるとする説が定着しているが、以前には別人説が主流であった時期もある。また養子となった経緯も、豊国との血縁説、豊国の娘(隠し子であったという説、あるいは豊国の妾という説さえある)との婚姻説、豊国死後にその妻に入夫したという説などが江戸時代から伝わっていた。こうしたマイナスイメージとも思える伝承があるのも豊重が初代豊国の門人の中で最も技量に優れた門人ではなかったと、当時の浮世絵界ではあまり良くは評価されていなかった所為でもる。初代豊国の門人には「国貞」「国安」「国直」「国芳」など豊重の技量を凌ぐそうそうたるメンバーが存在し、それら先輩の門人を押しのけて若輩者(襲名時は24歳頃か)が2代目豊国を襲名したことに一門ばかりでなく各方面からの疑問があったことが推測される。天保6年に2代豊国が死去し(死んだのではなく豊国の号を返上して浮世絵師を引退したとの説もある)、弘化元年(1844)に国貞が”国貞改め2代豊国”と署名し豊国を襲名したのも一門の中に豊重(2代豊国)を認めていない無視する空気があったものと思われる。
 しかしながらこのサイトに掲載した文政9年(1826)に西村屋与八から出版された「笹色猪口暦手」の序文の附言に”この冊子文政甲甲(文政7年・1824)冬10月前編三冊草稿なりて画ける者故豊国なり 乙酉(文政8年・1825)秋9月後編の稿を脱して今の豊国が筆に継ぐ”と記されている。版元の西村屋与八は当時の江戸の出版界では大手であり、豊重が2代目豊国を襲名したことを認めている。また絵が特段に劣っているとも思えない(素人の私の判断だが)。初代豊国の晩年には豊重が代筆した作品もあるともいわれる。残念ながら豊重=2代豊国が描いた一枚絵の浮世絵作品はこのサイトに掲載していないが、名作もあると伝わる。豊重は出生も生き様も謎めいた浮世絵師である。

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。  

 絵本 女風俗吾妻鑑  

 絵:歌川豊重
 作:市川三升
 出版年 文政8年(1825)  版 元 文芳堂 

 絵本 笹色猪口暦手

 絵:歌川豊国・2代豊国
 作:柳亭種彦 
 出版年 文政9年(1826)  版元 西村屋与八
 前編3冊の挿絵は初代の豊国。後編3冊は2代豊国が描く。 

 絵本 尾上松緑百物語

 絵:2代豊国
 作:尾上梅幸 
 出版年 文政9年(1826)  版元 仙鶴屋喜右衛門 

 絵本 恋染木手管苧環

 絵:2代豊国
 作:2代恋川春町
 出版年 天保3年(1832)  版元 和泉屋市兵衛 

 絵本 鶴千年対面曽我

 絵:2代豊国
 作:2代恋川春町 
 「曽我物語」のページに掲載
 出版年 天保3年(1832)  版元 和泉屋市兵衛  

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.