浮世絵 礒田湖龍斎
 浮世絵 トップページへ 酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 礒田湖龍斎 

 礒田湖龍斎(いそだ こりゅうさい)。生年享保20年(1735)、没年寛政2年(1790)。本姓は藤原で土浦藩主土屋家の浪人であったという。両国薬研堀に住み、西村重長の門人であったとの説があるが確証はない。美人画を多く描き、その画風は、始めは鈴木春信の影響を強く受けていたが、次第に独自の画風を確立していった。柱絵を多く描くが、肉筆画に優れた作品を多く残している。天明2年(1782)に法橋に任じられた。 

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 浮世絵

 絵:礒田湖龍斎
 
 現存品の写しでなく白黒写真の複製品を写したものです。 

 浮世絵 風流略源氏   

 絵:礒田湖龍斎
 出版年  版元 

 浮世絵 

 絵:礒田湖龍斎
 出版年  版元 


 絵本 北里歌  

 絵:礒田湖龍斎
 作:玄味子
 出版年  版元 
 北里は吉原のこと。廓の情景に漢詩を添える。

 絵本 役者手かがみ

 絵:礒田湖龍斎
 作: 
 出版年 安永8年(1779)  版元 伏見屋善蔵 

  ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.