浮世絵 一筆斎文調
 浮世絵 トップページへ 酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 一筆斎文調 

 一筆斎文調(いっぴつさい ぶんちょう)。 本所亀沢町に住んだとされるが生年、没年は分かっていない。狩野派の絵師・石川幸元の門人であったが、宝暦頃(1751〜1764)より浮世絵を描くようになる。美人画は鈴木春信の、役者絵は勝川春章からの影響を受けた。明和7年(1770)に勝川春章と共筆して刊行された「舞台扇」が好評を得て、似顔絵役者絵の第一人者として評価される。しかしより写実的な役者絵を描く春章に人気が移り、安永元年(1772)以降は役者絵を描くことは止めたようだ。文才に恵まれて浮世絵の他に狂歌をよくし、雅号を「頭之光」と称した。

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 浮世絵 

 絵:一筆斎文調
 現存作品を写したものでなく白黒写真の複製品を写したものです。

 絵本 舞台扇 

 絵:一筆斎文調・勝川春章
 出版年 明和7年(1770)  版元 雁金屋伊兵衛 
 役者似顔絵集。一筆斎文調、勝川春章との共筆。

  ページトップへ 



Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.