浮世絵 英 一蝶 宮川長春
 浮世絵 トップページへ 酔いどれ親父のDataFiles トップページへ 

 英 一蝶 

 伊勢亀山藩の侍医・多賀伯庵の子として承応元年(1652)に生まれる。父の江戸勤務に従い8歳(または15歳)の時に江戸に住む。絵の才能を認められ藩命により狩野派の絵師に入門。”多賀朝湖”の名前で狩野派の町絵師として活躍。豪商、旗本、諸大名まで幅広い交友があり、吉原遊郭通いを好み、自らも幇間として芸人でもあった。47歳の時生類憐みの令の違反(実際には客と幇間の立場で交友のあった大名に吉原で散財(太夫を身請け)させ、これが幕府の怒りをかったことが起因とされる)で三宅島へ流刑となる。流刑地でも絵は描き続けその作品は今も現地に残る。徳川綱吉の死によって58歳の時に赦免されて江戸に戻り英一蝶に改名。絵師として復帰する。また吉原通いも復活する。遺された作品は肉質画であり版画による作品はなく、当サイトの浮世絵師の範疇からはみだした存在であるが、この時代の寵児であり、画風は菱川師宣に匹敵、あるいは凌ぐともいわれ後世の浮世絵師に多大な影響を与えたと伝えられることから掲載しました。ただし掲載した画譜、画帖は一蝶の死後、他の浮世絵師が模写した絵を版画にして出版したものです。また絵巻物は絵師不明の写しです。  

作品のタイトルに付した「浮世絵」「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚物の摺りもので、連続絵、シリーズものを含みます。「絵本」は絵入本、狂歌本、狂言本、その他 book形式のものすべてを含みます。 

 絵本 英一蝶画譜     出版年 明和7年(1770)  版 元 
 浮世絵師・鈴(木)鄰松(りんしょう):享保17年(1732)〜享和3年(1803)が模写した絵を出版。

 絵本 英一蝶画帖   出版年  版元 
 浮世絵師・梅素玄魚(うめそ げんぎょ):文化14年(1817)〜明治13年(1880)が模写した絵を出版したものと思われる。 

 絵巻物 名古屋山三郎    

 絵巻物 十二ヵ月画図    

  ページトップへ 


 宮川長春 

 宮川長春は尾張国宮川村に生まれる。本姓は尾藤。生年ははっきりしないが亡くなったのは宝暦2年(1752)で享年71歳とする記録があり逆算して天和2年(1682)と推定。通称は長左衛門、後に喜平次と改める。元禄(1688〜)の頃に江戸に出て土佐派の絵を学ぶ。ただし菱川師宣に私淑しかつ懐月堂の画風も倣い、その両者の画風を取り入れて独自の絵を習得する。木版画の作品はなくすべて肉筆画。美人画を多く描き、上品な画風は当時富裕層の間でもてはやされたという。
 寛延2年(1749)長春は日光東照宮の廟舎の壁画修復を幕府の御用絵師狩野春賀から下請けし、長春の門人が日光に赴き修理を完了するが、日光で受け取る約束の工賃を狩野春賀は支払わなかった。この為寛延3年になって長春は狩野春賀の屋敷に行き催促するも口論となり、且つ乱闘になった。これに狩野春賀の門弟も加わり、長春にを暴行を加えて荒縄で縛りゴミ置き場に放置したという事件になる。長春の帰りが遅いことに不審を持った長春の子(只吉?)が狩野邸を訪れて瀕死の状態であった長春を救い連れ帰るが、深夜、報復のため狩野の屋敷に乗り込み、狩野春賀と門人3名を殺害。長春の子も深手を負いその場で自害。この事件によって狩野春賀の家は断絶となり、長春は江戸追放の処分となった。
 長春には多くの門人がいたが、その中の春水は特に優秀で師の長春に劣らぬ力量があった。師が罪人となったので宮川の姓を名乗らず”勝宮川”を名乗る。この春水の弟子の春章は勝川春章を名乗り”勝川”派の祖となった。また春章の門人となった勝川春朗は後に葛飾北斎を名乗り”葛飾”派の祖となる。長春自身は浮世絵版画を手掛けてはいないが、門人を介してその後の浮世絵版画界に大きな影響力を与えた。

 絵巻物 十二ヵ月風俗絵巻  

 絵巻物 楽しみ草   

  ページトップへ 


Copyright (C) yoidoreoyaji.com All Rights Reserved.