焼酎リスト
ManHoleの旅
日本の城
五重塔三重塔
巡礼の旅
横浜の港
カクテルリスト
歳時記
矢場洋介の小説
浮世絵
酔いどれ親父DataFiles
トップページへ
 
 浮世絵  Top Page 


浮世は憂き世か浮かれ世か
あるがままの世を受け入れ 強かに生きた江戸の民衆が創りあげた文化 浮世絵の世界

ようこそ 酔いどれ親父の浮世絵サイトへ

このサイトに掲載した浮世絵・絵本は全てWEBで公開されている国立国会図書館のデジタル化資料をもとに編集したものです
色合い、色彩、サイズ等を補正・修正していますので元画とは異なっている場合があります
美術的な意味では本物には遠く及びませんが 浮世絵の入門書的な感覚でご覧下さい



浮世絵師別 浮世絵・絵草紙
菱川師宣
吉田半兵衛
英一蝶・宮川長春
鳥居清信
西川祐信
奥村政信
鳥居清倍
西村重長
石川豊信
鳥山石燕
鈴木春信
勝川春章
一筆斎文調
礒田湖龍斎
長谷川光信
鳥居清満
歌川豊春
北尾重政
鳥居清長
鳥居清経
喜多川歌麿
葛飾北斎
勝川春好・春英
鳥文斎・酒井抱一
北尾政美
歌川豊国
歌川豊広
蹄斎北馬・魚屋北溪
月麿・行麿・式麿
勝川春扇
勝川春亭
歌川国貞
(三代豊国)
柳川重信
菊川英山
渓斎英泉
北尾美丸
歌川国丸
歌川国直
歌川国安
歌川国満
歌川広重
歌川国芳
歌川豊重
 歌川貞秀


戯作者別 浮世絵・絵草紙
恋川春町
朋誠堂喜三二
市場通笑
南仙笑楚満人
芝全交
石川雅望
山東京伝
桜川慈悲成
十返舎一九
曲亭馬琴
山東京山
式亭三馬
柳亭種彦
 為永春水
笠亭仙果

井原西鶴
近松門左衛門
浅井了意
石川流宣
八文字屋本


長編の絵草紙・読本
東海道中膝栗毛
椿説弓張月
南総里見八犬伝
南総里見八犬伝2
偐紫田舎源氏
三國志画伝
新編金瓶梅
 春色梅児誉美
 春色籬の梅


テーマ別 浮世絵・絵入本・絵草紙
源氏物語
伊勢物語
義経記
曽我物語
忠臣蔵

芝居・歌舞伎
名所街道年中行事
江戸の祭り・風俗
吉原
花鳥画
武者絵・合戦物語
職人絵
俳諧・川柳・狂歌
軽口噺・落噺
妖怪・化物
相撲絵
風刺絵
絵暦
地震絵
開国絵・横浜絵

鳥羽絵
奈良絵本
御伽草子(渋川版)


版本 出版形態別 索引
室町物語
仮名草子
浮世草子
絵入浄瑠璃本
絵入狂言本
咄本
読本
滑稽本
洒落本
人情本
赤本
黒本
青本
黄表紙
合巻

ページトップへ 



本サイトに掲載した浮世絵について  1 
 本サイトに掲載した浮世絵および絵本は全て著作権保護期間が満了してWebで公開されている国立国会図書館のデジタル化資料を基に編集したものです。掲載にあたってサイズ、色彩、色調等を修正・加工していますので元画とは異なっている場合があります。もとより浮世絵原画をWebサイト上に再現しようと意図したものではありませんので、美術的な意味では不完全なものです。
 
本サイトの開設は浮世絵の年表的なものを作ってみようと始めたものですが、国立国会図書館のデジタル化資料だけでは不足であり、その意図が達成できたとは言い難い結果となっています。それになにより当方の浮世絵の知識はにわか勉強程度のものでしかなく、そもそも年表を作ろうと思い立つことが無謀であり恐れ多いことでもありました。
 そんなわけで今なお本サイトは修正・加筆中です。おそらく永久に完成しないのではと思いますが、それでも資料的に希少価値のある作品もいくつか掲載しています。浮世絵に多少なりとも興味がありましたら、どうぞご自由にご覧下さい。
 なお、本サイトの説明、解説文には通説とは異なるサイト運営者の無知を承知の独自解釈もありますので御承知願います。

本サイトに掲載した浮世絵について 2 
 浮世絵を語るとき”浮世絵とは何か”と、そもそも論的な話を耳にすることが多い。浮世絵が”浮世”を描いたものであるなら、その作者は狩野派であろうが琳派であろうが、あるいは肉筆画であろうが版画であろうが、それで区別をする必要はないかもしれない。しかし狩野派の絵師も琳派の絵師も自らの浮世を描いた絵が浮世絵と呼ばれることには抵抗するだろう。また絵を受け取る側もそれを浮世絵とは思わないに違いない。いわゆる浮世絵は一般庶民が手軽に手にすることができる絵画である。一般大衆のための絵画であることが前提であるなら浮世絵の範囲はおのずと決まってくる。安価に手軽に手にすることを可能とするには、浮世絵が大量に制作できる版画(印刷物)であることが必然的な条件となる。
 浮世絵は一枚絵の摺りもの(版画)、とその範囲を狭めて考える人もいる。確かに美術的、芸術的な視点からは、絵草紙の挿絵より一枚物の摺物のほうが優れていることが多い。浮世を表現する力も、文章の力を借りながら浮世を見せる挿絵より、一枚物の絵には凝縮された鋭さがある。また、浮世絵が浮世絵として一般大衆に広く根を張ったのも一枚物の摺りものの人気によるところは大きい。ただし、サイト掲載の基とした国会図書館の収蔵品の性格上、絵草紙などの版本が圧倒的に多く、一枚物に限らずこれらの挿絵も浮世絵として扱っています。むしろ私自身はこうした挿絵こそ浮世絵の出発点、原点であり、それは一枚物の浮世絵が力を得た以降でも決して劣らぬ浮世絵としての魅力が存在すと考えています。
 絵を評価する尺度として、市場の金銭的価値を用いることが多い。優れた作品には高い商品価値がある。それを否定するものではないが、もともと浮世絵は安価に供給するために大量に摺られることを前提としたもの。しかし現在では残された作品が少なくなって希少価値もあり高額な金銭で取引されている。そのこと自体は悪いことではないが、高額商品だから浮世絵に魅力を感じる、あるいは優れた作品であると考えるのはおかしい。浮世絵は、浮世を描いたものであるから、その時代背景とともに絵の心を感じることが相応しいように思う。そのうえで美術的、芸術的な価値を見出していきたいと思っています。
 なお明和期(1764〜)以降に多色刷りの浮世絵(いわゆる摺物)が出現し、これらは錦の織物のような豪華なものとして「錦絵」と称されて流通するようになり、現在においても浮世絵という表現でなく錦絵と称されることが多い。しかし、このサイトでは特別の場合を除きこれら錦絵を含めてすべて浮世絵と表現しています。 

本サイトに掲載した浮世絵について 3 
 浮世絵=春画であると間違った(あるいは正しい)認識をお持ちの方もいらっしゃるのではと思います。江戸の土産に浮世絵、なかでも春画が喜ばれた時代もあり、浮世絵と言えば春画のことと理解されている地方もある様です。浮世絵が広く市民権を得た現在では日本人より外国人にその傾向があるのかもしれません。浮世絵が海外で評判を得た理由の一つに歌麿に代表される素晴らしい春画の存在があります。Utamatoはしばしば浮世絵、そして春画と同意語で用いられることもあります。大英博物館の浮世絵コレクションにも春画はあるようです。しかし残念ながら(当然か?)国立国会図書館のデジタル資料には春画は存在しません。従って本サイトも春画はありませんので安心してご覧ください。なお私は決して浮世絵春画を否定する者ではありません。浮世絵春画はその時代の必然性から生まれたものであり、時にしてアンチ権威、アンチ権力の象徴であり、そして何より江戸に暮らす人々のバイタリティーを感じます。

本サイトに掲載した浮世絵について 4 
 掲載作品のタイトルに付けた「浮世絵」または「絵本」は分類のために便宜上つけた符号です。「浮世絵」は主として一枚絵の摺りもので、揃いもの、連続物を含みます。絵本は狂歌本、狂言絵本、その他文章主体で挿絵だけの本など、book形式のものすべてを含んでいます。 


ページトップへ 

 

浮世絵師の生きた時代 

                                 
1615 元和1                             大坂夏の陣。 
1616                             家康、太政大臣となる。 
1617                              
1618                            
1619                            
1620                            
1621                             
1622                            長崎でキリシタン55名処刑 
1623                               
1624  寛永1                              
1625                               
1626                               
1627   10                            
1628       
1629       
1630       
1631       
1632   15    
1633  10      
1634  11      
1635  12     日本人の海外渡航、帰国を禁止。 
1636  13      
1637  14  20   天草・島原の一揆起こる。 
1638  15    
1639  16     ポルトガル船の来航禁止(鎖国制度完成) 
1640  17      
1641  18     オランダ人を出島に移す。幕府風流踊を禁止 
1642  19  25   この頃、各地で飢饉起こる。 
1643  20      
1644  正保1      
1645       
1646       
1647   30    
1648  慶安1      
1649      慶安の御触書。慶安検知条例を定める。
1650       
1651       
1652  承応1  35  英 旗本奴、町奴流行。若衆歌舞伎を禁止。 
1653   2    一 幕府、野郎歌舞伎を許可。佐倉惣五郎事件 
1654   3    蝶  
1655   明暦1      
1656   2      
1657   3  40   明暦の大火(振袖火事)起こる。 
1658   万治1      
1659   2     江戸両国橋完成。 
1660   3      
1661   寛文1    10 この頃、金平浄瑠璃流行。 
1662   2  45   大阪で竹田芝居創設される。
1663   3     この頃、京・大阪・江戸で定飛脚問屋成立。 
1664   4      
1665   5      
1666   6    15  
1667   7  50    
1668   8      
1669   9     アイヌ、シャクシャインが蜂起。 
1670   10     この年凶作により、秋まで酒造が禁止される 
1671   11   西  20 このころ川村瑞賢の樽廻船始まる。 
1672   12  55   江戸、浄瑠璃坂で仇討事件起る。 
1673   延宝1   10   幕府、書物の出版を規制する条例を出す。 
1674   2     前年に三井高利、越後屋呉服店を開く。 
1675   3     この年全国で大飢饉。 
1676   4    25  
1677   5  60   菱川師宣の挿絵本「江戸雀」刊。 
1678   6   15   坂田藤十郎、大阪で和事を演じる。 
1779   7      
1680   8   10    
1681   天和1    30  
1682   2  65   井原西鶴「好色一代男」。八百屋お七の火事 
1683   3   20   三井高利、江戸で両替商を開く。 
1684   貞享1      
1685   2   15   竹本義太夫、大阪竹本座を創設。 
1686   3    35  
1687   4  70   幕府、生類憐みの令を発布。 
1688   元禄1   25   井原西鶴「日本永代蔵」刊行。 
1689   2     松井芭蕉、奥の細道の旅に出る。 
1690   3   20    
1691   4 40  
1692   5    
1693   6 30    
1694   7   側用人柳沢吉保、老中職に準じる。 
1695   8   25 10    
1696   9    45 荻原重秀勘定奉行となる。貨幣改鋳。 
1697   10   西    
1698   11   35   幕府、書物の出版規制を強める。 
1699   12  
1700   13 30 15 10  
1701   14 50  
1702   15 赤穂浪士、吉良邸打ち入り。 
1703   16 40 近松の「曽根崎心中」初演。 
1704   宝永1  
1705   2 35 20 15  
1706   3 10 55  
1707   4 富士山噴火。宝永山できる。 
1708   5 45  
1709   6 新井白石幕臣に登用。生類憐みの令を廃止 
1710   7 40 25 20  
1711   正徳1 15 60  
1712   2 勘定奉行荻原重秀を解任。 
1713   3 50  
1714   4 生島・絵島事件起る。 
1715   5 45 30 近松「国性爺合戦」を初演。 
1716   享保1 20 65 吉宗、将軍となる。享保の改革始まる。 
1717   2 大岡忠相、町奉行となる。 
1718   3 55 町火消の制度を定める。 
1719   4  
1720   5 50 35 10  
1721   6 25 10 70 評定所門前に目安箱設置。 
1722   7 小石川養生所設置。 
1723   8 60  
1724   9  
1725   10 55 40 15  
1726   11 30 15  
1727   12  
1728   13  
1729   14  
1730   15 60 45 20 大阪堂島の米市場を幕府公認。 
1731   16 35 20 調  
1732   17 享保の大飢饉起こる。 
1733   18 米価高騰で、各地で打ち壊し事件起る。 
1734   19 10  
1735   20 65 50 25 10  
1736   元文1 40 25 10  
1737   2  
1738   3  
1739   4 15 尾張藩主徳川宗春、蟄居される。 
1740   5 70 55 30 15  
1741   寛保1 45 30 15  
1742   2  
1743   3  
1744   延享1 20 10 10 10  
1745   2 75 60 35 20  
1746   3 50 35 20 竹田出雲「菅原伝授手習鑑」初演。 
1747   4 西 盗賊日本左衛門捕まる。 
1748   寛延1 10 竹田出雲「仮名手本忠臣蔵」初演。 
1749   2 25 15 15 15  
1750   3 65 40 25  
1751   宝暦1 55 40 25  
1752   2  
1753   3 西 15  
1754   4 30 20 20 20 山脇東洋ら、京都で死体を解
1755   5 70 45 30  
1756   6 45 30  
1757   7 麿  
1758   8 20  
1759   9 35 25 25 25  
1760   10 75 50 35  
1761   11 10 50 35  
1762   12 10  
1763   13 25  
1764   明和1 40 30 30 30  
1765   2 55 40  
1766   3 15 55 40  
1767   4 15 米沢藩、上杉治憲(鷹山)による改革始まる 
1768   5 30  
1769   6 10 35 35 35  
1770   7 60 45  
1771   8 20 60 45  
1772   安永1 20 田沼意次老中となる。 
1773   2 35  
1774   3 15 40 40 40 杉田玄白「解体新書」刊行。 
1775   4 65 50  
1776   5 25 65 50  
1777   6 25  
1778   7 10 40  
1779   8 20 45 45 45  
1780   9 70 55  
1781   天明1 30 70 55  
1782   2 30 10 印旛沼の開拓始まる。 
1783   3 15 45 浅間山大爆発。天明の大飢饉起こる。 
1784   4 25 50 50 各地で一揆、騒動多発する。餓死者多数。 
1785   5 60 奥羽地方で飢饉。 
1786   6 35 60 関東、奥羽地方で大洪水。各地で飢饉。 
1787   7 35 15 松平定信、老中首座。寛政の改革始まる。 
1788   8 20 50  
1789   寛政1 30 55  
1790   2  
1791   3 40 65  
1792   4 40 20  
1793   5 25 55  
1794   6 35 60  
1795   7 10  
1796   8 45 調  
1797   9 45 25  
1798   10 30 60  
1799   11 40 10 65  
1800   12 15 伊能忠敬、全国測量を開始する。 
1801   享和1 50  
1802   2 30  
1803   3 35 65  
1804   文化1 45 15 70  
1805   2 20  
1806   3 55 麿 10 10  
1807   4 35  
1808   5 40 70 間宮林蔵樺太を探検。 
1809   6 50 20 75  
1810   7 25  
1811   8 60 15 15  
1812   9 40  
1813   10 45 75  
1814   11 55 25  
1815   12 30  
1816   13 20 20  
1817   14 45  
1818   文政1 50  
1819   2 60 30  
1820   3 35  
1821   4 25 25  
1822   5 50  
1823   6  
1824   7 65 35  
1825   8 40  
1826   9 30 30  
1827   10  
1828   11  
1829   12 70 40  
1830   天保1 45  
1831   2 35 35  
1832   3  
1833   4 天保の大飢饉。 
1834   5 75 45 水野忠邦老中となる。天保の改革始まる。 
1835   6 50  
1836   7 40 40  
1837   8 大塩平八郎の乱。各地で一揆起こる。 
1838   9  
1839   10 80 50  
1840   11 55  
1841   12 45 45  
1842   13  
1843   14  
1844   弘化1 85 55  
1845   2 60  
1846   3 50 50  
1847   4  
1848   嘉永1  
1849   2  
1850   3 65  
1851   4 55 55  
1852   5  
1853   6 ペリー黒船4隻で浦賀に来航。 
1854   安政1 日米和親条約調印。 
1855   2  
1856   3 60  
1857   4  
1858   5 日米修好通商条約調印。安政の大獄。 
1859   6  
1860   万延1 桜田門外の変。和宮降嫁。 
1861   文久1  
1862   2 寺田屋事件。生麦事件。文久の改革。 
1863   3  
1864   元治1 第一次長州征伐。 
1865   慶応1 第2次長州征伐。
1866   2 将軍家茂死去、慶喜将軍となる。
1867   3 幕府、大政奉還。薩長へ倒幕の密勅下る。
1868   明治1
1869   2

ページトップへ 


Copyright (C) hamasakaba.net All Rights Reserved.