楽園のきまり

 

 

楽園の花はメンバーの誰もが嫌な思いせずにまったりとマビノギを楽しむために作られたギルドです。

どうすれば誰も嫌な思いをしなくてすむのかな?と私はギルドを作る前から思っていました。

しかし、沢山の人たちがいて、それぞれ違ったいいものを持ってるからこそ、そういう意見や意思のぶつかりあいは起こってしまうのだと思いました。

ですので、私が、私のために、なるべく同じように過ごせるような仲間を集めればそんなことは起こらないのではないか、と考え、『楽園の花』というギルドを作成しましたw

なので、入会にはキャラクター能力ではなく人間性についての面接をしています。

たとえどんなに良い方であったとしても、ギルドの基準で判断しますので、不合格の場合もありますし、本当に残念でしたがそういう方は実際にいました。

入会した後も最低限必要とされること(マナーや気遣い・挨拶)は当たり前で、なによりも自分よりも相手のことを想うことが大事です。

私たちはマビノギでだけ会える仲間です。

リアルじゃ会えませんが、だからこそこの大切な仲間が、マビで、リアルで、何か困ったり必要であれば出来る限りの力を使い、助け合ったり励ましあったりして、より幸せな毎日が送れるような関係になれたらいいなと思っています。

何よりも大事なのはリアルの生活です。

 

心が傷付いたとき、マビでよければまったりと一緒に時間を過ごしたり、

嬉しいことがあったら教えてもらって、自分も頑張らなきゃ、と自分のモチベーションに変えて、

幸せいっぱいでこの『マビノギ』というゲームを、現実の一休みとして使えるギルドが理想です。

 

楽園のきまりはギルドメンバーなら誰が提案してもいいです。

必要ならどんな些細なこともきまりとして決めていきましょう。

しかし、きまりとして決めない方がいい場合もありますので、その時に応じたメンバー達の判断を仰いでいこうと思います。

ここにはその中で私たちが決定してきたきまりを書きます。

ギルドメンバーの方は必ず目を通して置いてください

 

 

・『ギルドマスター命令』は絶対です

時にはギルドとして方向を迷う場合もあるかと思います。

基本的に重要なことはみんなで話し合いますが、どうしても決まらない場合、ギルドマスターの判断を優先させます。

 

・オフライン行動許可

ギルドとしてオフラインでの行動を許可します。

オフラインの場合、人と会ったときにきまずくなりますが、誰だって人間ですから一人になりたい時はもちろんありますでしょうし、

マビはしたいけどギルドメンバーと会うのがやだ、って場合でも許可することによってそれが軽減されると思います。

オンラインからオフラインに変えて活動する場合は一言「今日はオフラインでやりますので」と言えば大丈夫です。

オフライン行動時でもギルドチャットへの参加は可能です。

*注意:オフライン活動をしているメンバーがいるとき、その他のメンバーは必要なこと以外の会話をその人に振らないこと。

     :オフライン活動中のメンバーと会ったときは挨拶だけ、もしくは気遣ってあげること。(挨拶だけで『じゃあまたね!』と話を終わらせるなど)

 

・急いでる場合はすぐ話を終わらせてもよい

これは実際どうでもいいきまりですが、マビノギは時間とともにやれることが変わったりするゲームです。

急いでて時間が無いのにメンバーに会っちゃった、などなんだかモドカシイ時間は「ごめんね、急いでるから。またねっ!」と話を終わらせてしまってもよいです。

このきまりはどちらかというと「言われる側」に気にしてほしいきまりです。

メンバーが会ってすぐ「急いでるから」と言ってそっけなくてもショボンとしないようにw

 

・楽園の花での全ての活動は任意参加です 

月2回の集会や、イベント、面接などなど、ギルドとしていろいろ活動する機会が多いと思います。

しかし、それらのすべての活動は「暇があったら参加してね」っていうものなので、強制参加ではありませんw

ですので、毎回参加しなくても大丈夫です。

でもまあ、誰も参加してくれないとなるとそれはそれで寂しいんだけどね・・・ww

 

 

 

 

 back