トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

リスク学

リスク学は、リスクという目に見えないものを、何とかしようとする分野です。

「リスク」は、いろいろな使われ方がされている言葉です。 このサイトでは、 定量的な量としてのリスクと、 最悪の事態につながるものという意味合いのリスクの2つを扱っています。

リスクの分類

リスクの話は、環境・安全・金融・経営、等々いろいろなところで出てきます。 リスクをキーワードに本を探してみたところ、本屋中を歩き回ることになり、 面白い体験でした。
それなりに定量評価がされているリスクを、筆者なりに分類してみたのが下記になります。 「○○リスク」というのは無数にあり、分類は難しいです。

リスクを扱う手法

上記の分類のそれぞれに、独特の考え方や手法がありますが、 比較的共通しているものをまとめました。

リスク解析

回帰分析 や、 シミュレーション を使って、望まない方向に行くかどうかを予測したり、 統計学 を使って、「この条件は、悪いと言えるか?」を判定したりすることを、 リスク解析と呼ぶことがあります。
リスク解析は、リスクになるような状況を調べることを目的にしていて、 必ずしも、リスクそのものの定量化をしていません。



参考文献

リスク学

リスク工学との出会い」 遠藤靖典・村尾修 編著 伊藤誠・掛谷英紀・岡島敬一・宮本定明 著 コロナ社 2008
脚本風でかつストーリーのある構成を使って、 リスク工学の全体像を概観できるようにしてあります。 コンパクトにいろんなことが書かれています。 リスクの本の中に LCA や、情報セキュリティが含まれているのですが、異彩を放っているように見えます。 アフォーダンス も出てきます。


リスク工学の基礎」 遠藤靖典 編著 コロナ社 2008
「リスク工学との出会い」の数理を、やや詳しく書いた本です。 実際に使う上で出てくるノウハウのような知識が、意識して書かれています。


リスクメーターではかるリスク! ―アスベスト、水銀、・・・の危険度―」 安井至 監訳 原美永子 訳 丸善 2005
人間の健康リスクの観点で様々なリスクを数値化してみた本です。 数値の正確さ等で議論はあるんでしょうが、 いったん数値化すると異なるものを比較する面白さがあります。


科学技術のリスク」 H.W.ルイス 著 昭和堂 1997
副題が、「原子力、電磁波、化学物質、高速交通」です。 縦書きでボリュームがあります。 洞察が深いようなのですが、筆者は、まだほとんど読んでいません。


図解 リスクのしくみ」 石井至 著 東洋経済新報社 2002
広い意味でのリスクについて、 体系的な面と断片的な面をもちつつ解説されています。 一般的なリスクの解説書として書かれていますが、 金融リスク が詳しいです。 著者の経歴に近いほど内容が深いようです。


リスク学とは何か」  橘木俊詔・長谷部恭男・今田高俊・益永茂樹 編著 岩波書店 2007
「リスク学入門シリーズ」の一冊です。
「リスク学の構築に向けて」・「リスク研究の諸相」・「リスク研究事例集」・「学問のテーマとしてのリスク」 等が、筆者がこの本から読み取ったものです。 タイトルと内容が違う感じがしました。


リスク解析

SPSSによるリスク解析のための統計処理」 石村貞夫・石村園子 著 東京図書 2004
SPSSとは汎用の統計ソフトです。
この本では、「望まない方向にいくこと」をリスクと呼んでいるようです。 リスクを何かの量として考えていないです。
オッズ比 ・推定検定・ ロジスティック回帰分析 ・ 比例ハザードモデル・時系列分析・ 回帰分析主成分分析判別分析ポートフォリオ ・曲線の当てはめを、リスク解析の方法としています。



順路 次は 化学物質リスク

Tweet