トップページ | ひとつ上のページ | 目次ページ | このサイトについて | ENGLISH

機械リスク

機械リスクの対象は「人の生命」です。 信頼性工学 の対象の「物」を、「人」に応用したリスクでもあります。
乗り物を運転したり工場で機械や装置を扱う人や、 原子力発電所の建設のような大きな施設を対象にしています。

ヒューマンエラー

ヒューマンエラー(Human Error)とは、人が原因となる過ちのことですが、 学問としてのヒューマンエラーでは、根本的な原因を個人の性格にはしません。
個人の問題ではなく、 「その人が置かれた環境や状況」にエラーの発生原因を見つけようとします。 そのため、「エラーの責任は、エラーを発生させた本人にある。」という考え方はしません。

一連の作業を要素に分解し、 その要素を分類していきます。 分解や分類の方法や、それらの整理の方法がいろいろ考案されています。 「○○のタイミングで、××が起こったから、△△になった。」という風に、 時間軸にそった原因の 推論 もします。

ヒューマンエラーを外側から見ると、 リスクの問題になって、確率的な解釈になります。 しかし、「環境や状況(「情況」と書くことがあります。)によって必然的に起きた」と考えると、 確率は0と1しかありません。 つまり、確率論ではなく、決定論として話を進めます。

エルゴノミックス

安全・衛生のために、人間とシステム(作業環境)の関わりを研究する学問です。 人間工学とも言われます。 環境生理学環境心理学 が関係します。

フェイルセーフ構造

信頼性工学では、寿命や故障の評価をします。 寿命が長かったり、故障しにくいように製品を設計することは大事ですが、 限度があります。

フェイルセーフ構造というのは、壊れてしまっても、 身の安全だけは確保できるようにする設計を言います。 このページは機械リスクについてのものですが、 フェイルセーフ構造の考え方は、 リスク全般に対して、リスクを低減する手段のひとつになります。

ちなみに、フェイルセーフ構造も「品質」ですが、 品質学 には、こういう「品質」を扱う観点が、あまりありません。



参考文献

安全学入門」 古田一雄・長崎晋也 著 日科技連 2007
信頼性工学 の方法に心理学的な要素も加えてヒューマンエラーを解説しています。


リスクアセスメント」 N.W.Hurst 著 丸善 2000
副題が、「ヒューマンエラーはなぜ起こるか。どう防ぐか」です。
人に依存しているリスクを論じた本です。


認知システム工学」 エリック・ホルナゲル 著 海文堂 1996
副題が、「情況が制御を決定する」です。 この本の内容は、タイトルから 人工知能 や、 システム工学 を連想しましたが、違いました。 人間の 信頼性 の本でした。 評価方法等があります。


モダン信頼性工学」 熊本博光 著 コロナ社 2005
副題が「リスクの数値化と概念化」です。 確率論的なヒューマンエラーについての解説が詳しいです。


確率論的リスク解析」 ベッドフォード T ・ クック R 著 シュプリンガー・ジャパン 2006
確率論的なヒューマンエラーを専門的な内容も含めて書いています。 読み解くことができないでいる本です。


エルゴノミックス」 池田良夫 著 日刊工業新聞社 1996
人間の体の仕組みを述べた後に、作業環境のあるべき姿を述べています。




順路 次は 金融リスク

Tweet