体の秘密

ミラクルを発動しなくとも、サイボーグのリミットちゃんには

すばらしい運動神経や互換神経が供えられているのです。

それは

1.視力 2.聴力 3.視神経等 4.電子頭脳による能力 5.その他

(本文中の#は話数を示す)


1.視力

遠くのものでもすぐに見つけることのできる脅威の視力。#11では、シケで、

沖に流されてしまったボスと友男の乗ったヨットを、何メートルも離れている

防波堤から見つけた。(そのまえにグーの協力もあったが・・)

 

2.聴力

おそらく、何万ヘルツもの音を聞き分けられるのだろう。具体的な例としては、

#4 校舎の屋上から落ちそうになった光子さんの声を聞きつけ、間一髪助けたり、

(リミットちゃんは離れたグラウンドにいた。)

#7 病院の屋上で叫ぶ、桐谷日出子の声を聞き分けたりと

それなりにすごい聴力のようだ。

 

3.視神経等

よく語られるのが#2の頭痛状態。

サイボーグに痛みは存在しないはずだが、この状態が痛みなのかなんなのか

最初はリミットちゃん自身にもわからなかったようだ。

やがてその原因が、ボス使っていた電卓とわかり、電卓から出ていた電磁波のせいで

リミットちゃんの体は機能停止をおこしてしまう。パパが直してくれたので良かったけど、

パパの説明は、「電卓に入っているiC回路が体に微妙な作用をしていたんだ。」と

ちょっといい加減な説明。これは、深く説明するとリミットちゃんを傷つけるからであって、

パパは娘の心に配慮した言い方をしたんだろう。

それだけサイボーグの体にとって、深刻な事態だったのである。

パパがリミットちゃんの体に修理をした方法が、なんなのかははっきりとはわからない。

私の推測ではあるけど、おそらくリミットちゃんの体内に、周波数をあげる、

特殊な装置を取り付けたのじゃないだろうか?

これによって、リミットちゃんの体はバリアが張られるみたいに、ほかの機器からの

影響を受けなくなった。しかし逆に、強化されたリミットちゃんの体からでる

周波数のほうが強すぎたのか、今度はボスの電卓が壊れてしまうことに・・・。

#16で誘拐されてしまったリミットちゃん。車の中に引っ張り込まれ、

麻酔薬のしみこませた布を嗅がされ、眠らされる。・・・

というのは実は、リミットちゃんは眠った振りをしていただけだった。

「あたしが麻酔薬なんかで眠らされるもんですか・・・」

というリミットちゃん。これこそが、脳神経系統が機械に置き換えられているという、

重要な証拠ではなかろうか?

 

4.電子頭脳による能力

#9では、友男の持ち物検査を引き受けたリミットちゃん。一週間の時間割と持参道具

をすべて憶え、友男と信子を驚かせる。おなじく#9 校庭を見つめていたリミットちゃんは

先生に「西山さん、この問題を答えて。」といわれたが、見事間違いなく計算を当てる。

「へぇー。校庭を見ていたのに、よく答えられるんだなぁー。」

と、栗本ジュンくんもびっくり。

 

5.その他

#6 父兄の前で見事な柔軟体操を見せたリミットちゃん。体もかなり柔らかいようだ。

#14がよくわからないのだが、顔面デッドボールを喰らってあざを作ったリミットちゃん。

「人工皮膚なのにあざはしっかりできるのか、ふーん。」と、昔見たとき思ったもんだ。

傷はすぐに治ったみたいで、皮膚の再生なども常人にくらべると早いと思われる。

(このとき、リミットちゃんはデットボールで倒れるが、これもみんなに心配をかけないように

するためのふりだったのだろう。)

ミラクルを使わなくとも、リミットちゃんの運動神経はすごい。#20では、生まれて初めて

のスケートで神業を見せ、坂田先生を驚かせた。

(そう、このときのリミットちゃんはミラクルを使っていない。サイボーグの運動神経だけで

あれだけのスケート技を見せたのだ。)最後にアイスショーの人たちが見ている前で、己の持つ

すべてのミラクルを駆使して信子を助けたリミットちゃん。孤立した氷上から木の枝までは

かなりの距離がある。でも、飛び移ることのできる場所はそこしかない。

リミットちゃんの電子頭脳で飛距離を計算しても、その確率は低い

しかし、リミットちゃんは迷わなかった。コンピューターの計算確立よりも、

自分のもてる力を信じて、信子を救おうと決意したのである。

 


1・サイボーグって何?

 

3・三つのミラクル超能力

 

4.リミットちゃんの秘密道具

 

5.チェンジフェイスはいかなるものか?

 

戻る