こころ整骨院

腰痛や肩こりでお困りの方へ

SANY0009.JPG 現在、アメリカやヨーロッパの医学界では、筋肉・骨格系の痛みやしびれのほとんどがヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症などの構造的問題が原因ではないとされています。

 

それでは何が原因なのかと言いますと、腰痛など筋肉・骨格系の痛みのほとんどは、筋・筋膜性疼痛と呼ばれるものとされており、筋肉が小さく損傷することで筋収縮し続けるために起こるものと考えられています。

 

このような筋肉の微小な損傷は、繰り返しの動作や急激に負荷がかかるような動き(スポーツによるけが、転倒など)、また長時間にわたる同姿勢や不自然な姿勢などによる結果と考えられているのです。

そして痛みはストレスとなり、心身を緊張状態へと変化させ、筋肉の緊張による毛細血管の収縮と相まって、局所への血流が阻害されます。その結果痛みなどの症状がいつまでも強く持続するという悪循環に陥ることとなるのです。

 

このような痛みは出来るだけ早期に取り去り、動きの回復をはかることが必要ですが、痛みを感じる場所をやみくもに電気治療や牽引、マッサージなどしても効果を得ることができません。そればかりか、逆に痛みを強くしてしまう場合もあります。(施術後に揉み返しで痛くなるなど)

それは痛みを感じている場所と、実際の損傷部位が違う場所にある場合が多いことと、原因となっている筋肉を緩めて痛みを取るためには、特殊な技術が必要とされるからです。

 

こころ整骨院では、患者様の症状に合わせ様々な手技治療方法(トリガーポイント療法、マイオチューニングアプローチ、筋膜マニピュレーション、AKA等を用いるとともに、通電療法や光線療法など物理療法機器の効果的な使用や、栄養、運動、更にストレスの軽減も施術の一つとして考え、こころと身体をつなげて患者様を痛みから解放することを基本理念としています。(これらの症状は「ここラボ」にて現金での施術になります)

 

SANY0017.JPG 施術において患者様へのお願いとしまして

 

痛みからの回復をあきらめないこと、痛みを理解すること

日常生活での行動範囲を自ら狭めないこと

必ず良くなると信じ、しっかりと治療すること、です。

 

治療手技に魔法は存在しません

首、肩、腰、膝等いずれの場所の治療においても

痛みが長期にわたっていたものの場合、その痛みは

脳によってパターン化され、戻りにくい状態となっています。

症状からの回復には時間と重ねての治療が必要なのです。

そうすることでパターンをリセットし、症状を緩和してゆく。

そのために医学、心理学、栄養・健康科学、運動生理学等

多方面からアプローチする、それが当院の治療方法です。

 

 

痛み等の諸症状でお困りの方は是非一度ご来院、

またはお気軽にお問い合わせください。

 

TEL0155-26-2125

e-mail: cocoro1312@khc.biglobe.ne.jp