ボランティア

本や文字のボランティア

本や文字のボランティア

本や文字のボランティア物を見るという行動は人間の生活の中でも大きく関わってきます。

雑誌・小説・活字の世界は頭の中でイメージを膨らます事が出来て、テレビやラジオでは味わえない楽しみです。

そういった読書の楽しみは視覚障害者には味わえない物だと思っていました。

しかし、そんな読書の楽しさを視覚に障害を持つ人や子供達に伝える為に頑張っているボランティアの人達がいます。

いろいろなボランティア

読書の楽しみ方は「点字」「朗読テープ」「対面朗読」などの方法があります。

パソコンや家電製品の取扱説明書から学術関連の専門書や趣味・生活関連の実用本など視覚障害者のリクエストに答えてボランティアが視覚障害者に本の楽しさを知って貰う為に根気強く行っている活動です。

そういったボランティア活動の頑張りのお陰で視覚障害者はいろいろな本に触れる機会が増えるのです。

本や文字のボランティア点字や子供達の為に触って楽しむ事が出来る絵本の作成はアイディアが豊富な人や器用な人に最適だと思います。

本の文章を朗読するのが得意な人には、対面朗読などのボランティアがオススメです。

対面ボランティアとは、依頼人と対面して本を朗読してあげる事です、朗読する場合は相手がどう読んだら聞き取り易いかを考えて読んであげましょう。

大きな声でゆっくり・はっきり・気持ちを込めて読んであげてくださいね。

文章を作ったり纏めるのが得意な人は要約記事のボランティアが適していますよ。

要約記事ボランティアは年をとって耳が遠くなったりして、高年齢で耳が聞こえなくなり手話の習得が出来ない人の為に人の話を聞き、要点をまとめ、耳の不自由な人に文章を使って伝えてあげる仕事です。

要点を纏めてくれれば、手話でなくてもだいたいの意味が伝わるので社会参加が出来ます。

また、弱視になってしまった人の為には文字や文章などを拡大や写本してあげるお仕事もあります。

みなさんに合った仕事でボランティアに励んでくださいね。