特定非営利活動法人
八丈島あそびと文化のNPO あびの実


2014年6月、あびの実はNPOになりました。


八丈島おやこ劇場「あびの実」は、2014年6月9日より

「子どもたちの心豊かな成長を育むための文化的環境の向上」と

「八丈島の子どもたちが島で生まれ育ったことを誇りに思う地域づくり」をめざし、

特定非営利活動法人八丈島あそびと文化のNPOあびの実として

新たなスタートを切りました。




NPOあびの実  設立趣意書    定款     細則
  



 

 あびの実って?     

八丈島の初夏の山野は、木イチゴが赤や黄色の

可憐な実をつけます。島の子どもたちは親しみを込めて

「あびの実」と呼び、味わいます。

八丈島おやこ劇場は、地域とともに文化・子育て活動を

したいと、島で古くから親しまれている「あびの実」という

優しい名前をつけました。



 
「あびの実」はいつできたのですか?

「あびの実」は1987年(昭和62年)に

八丈島おやこ劇場「あびの実」として設立されました。

今までに鑑賞した例会(公演)は90回を超えています。



 
どんな活動をしているのですか?

「子どもの心を耕す、文化鑑賞と子育て活動」の具体化のために、

舞台芸術鑑賞の「みる」、生きる力を育て

多様な自主体験活動をする「体験する」を活動の基本にすえ、

年3回の舞台芸術(公演)鑑賞のほかに、子どもの日に行われる

子どもまつりや、八丈太鼓などのワークショップなど、

親子で楽しめる多彩な体験活動をしています。



 
どのように運営されているのですか?

財政は皆さんからいただいた会費を中心に、八丈町や

八丈町社会福祉協議会などからの補助金、寄付金、

特別会費などでまかなっています。

運営は各地区の運営委員が行っています。



 
赤ちゃんや幼児連れだと、泣いたり騒いだりしないか心配です

子ども中心の会なので、少しぐらいのことは誰も気にしません。

子どももだんだん慣れて静かにするようになります。



 
なにか背景があるのですか?

どんな宗教・政治団体とも関係ありません。
                                 

八丈島あそびと文化のNPOあびの実